高齢者施設向けBGMのご提案 BGM導入のメリットと活用術

高齢者福祉施設におけるBGM導入のメリット
  • コミュニケーション促進 音楽を耳にすることで利用者同士や利用者とスタッフとのコミュニケーションを促します。
  • メンタルケア 入居者、スタッフの方にやすらぎや心地よさをもたらします。
  • イメージアップ 施設のイメージをBGMで演出することでゲストや利用者へのおもてなしの姿勢を高めます。
  • タイムマネジメント 起床、お昼、就寝など時間意識を高め生活習慣の固定化を
促します。
音楽のチカラ BGM活用レポート

BGMは施設のさまざまなシーンを彩ります 利用者の満足を高める 例えばこんなシーンにBGMうが活用できます。

  • お迎え、
    お見送りの時には
    優しさ、さわやかさを感じるBGMで、利用者の「また来よう」という気持ちを高めましょう。
  • 食事・入浴の
    時には
    食事中の音、話し声などの喧噪をBGMが緩和。落ち着ける空間を提供しましょう。
  • 年間行事や
    レクリエーションには
    納涼会やクリスマス会などは、テーマに合ったBGMで賑やかに演出。イベントへの参加意識を高めましょう。
  • コミュニケーション
    促進には
    懐かしさを感じる曲やカラオケ人気曲で会話のきっかけを作り、コミュニケーションが促進される環境を提供しましょう。

スタッフの業務をサポート 例えばこんなシーンにBGMが活用できます。

  • オフィスワークの
    効率アップに
    OA機器の動作音やタイピング、電話の声などオフィスのノイズをBGMが緩和。適度なリズムが集中できる環境を整えます。
  • 休憩時の
    リフレッシュに
    仕事の質を維持するにはリフレッシュが大事。くつろぎのメロディーや、カジュアルなサウンドが心身をリセットします。
  • プライバシー
    保護に
    会話に含まれる利用者のプライバシー情報。適度な音量のBGMは、漏れる会話を聞こえづらくします。
  • 笑顔こぼれる
    環境づくりに
    利用者のご家族やゲストを笑顔でお出迎え。穏やかに流れるBGMが、和みの空間を演出してくれます。

利用シーンに合わせて選べるBGM!施設でのさまざまなシチュエーションでご利用ください。

利用シーンに合わせて選べるBGM!施設でのさまざまなシチュエーションでご利用ください。

音楽のチカラ ー BGM活用レポート ー

音楽は施設での生活に彩りを与えてくれる存在。
音楽を聴くと皆さん笑顔になってくれます。

介護付有料老人ホーム
ハルトリーゲル松戸
舟木 勇二 施設長
BGMを導入された理由をお聞かせください。
BGMの有線放送サービスは、多彩なジャンルの曲が用意されているのがとても魅力的で、すぐに導入を決めました。共有スペースで流しているのですが、BGMをつけ忘れてしまうと、「今日は音楽ないの?」と言われることもあり、入居者の方からとても好評です。
BGMをどのように使われていますか?
時間帯によって流す曲を変えています。通常はオルゴール調のゆったりとした曲、お食事や昼の時間には少しアップテンポのインストゥルメンタルや季節感のある曲を流すことで、入居者の方に時間のメリハリを感じていただいています。入居者の方は外出することも少ないですから、音楽を通して、生活に彩りを与えていくことは大切だと考えています。
BGM導入のメリットをお聞かせください。
入居者の方にメリハリのある生活と心の安らぎをご提供できることです。懐かしい曲が流れると思い出話に花が咲くなど、入居者の方同士のコミュニケーションも生まれます。また働くスタッフにとっても、適度なリズム感のあるBGMは、作業効率のアップにつながっているというのが私の実感。見学にいらっしゃったご家族の方にも「雰囲気が素敵ですね」と好評です。BGMは、入居者の方、スタッフ、施設、それぞれにメリットがあるといえますね。
高齢者の方にとって音楽とはどのような存在だとお考えですか?
皆さん音楽がとても大好きです。入居前から当たり前に音楽にふれて暮らしてきたわけですから、入居後もそうあることが日常だと思います。BGMを流すことは、入居者の方に日常を提供することだといえるでしょう。懐かしい曲を聴くと皆さん表情が柔和になり、「この方、こんな素敵な笑顔をされるんだ」と気づくことも多いです。施設にとって何よりも大切なことは、入居者の方が一日一日を楽しみ、笑顔で過ごしていただくこと。そのためのツールとして最適なのが音楽だと感じています。

音楽は心や脳に特別な刺激を与えてくれる。
デイサービス運営に欠かすことができない存在です。

株式会アイム社
山口 哲 取締役副社長
BGMをどのように使われていますか?
頭の体操の時間にはクラシックを流したり、皆で歌う時間には歌謡曲を流したり、目的によって曲を変えています。昔の曲を思い出して歌うだけで、記憶の喚起や機能訓練でいう発声練習になりますし、お年寄りは滑舌や唾液の分泌がよくないので歌うだけでもリハビリにつながる。また、皆さん音楽が好きなので会話のきっかけになり、コミュニケーション促進としても活用しています。
BGM導入のメリットをお聞かせください。
BGMは利用者の方へはもちろん、スタッフにとってもメリットはあります。時間帯によってBGMを変えることで、自然とスケジュール管理ができますし、皆で歌う時間を設けると、その間に事務作業を行えるなど業務の効率化につながります。また、見学に来られたご家族をBGMでお迎えできることは施設のイメージを高め、「ここなら家族を通わせたい」と思っていただける。BGMは施設にとって営業スタッフのような役割もあると考えています。
高齢者の方にとって音楽とはどのような存在だとお考えですか?
認知症のある方でも音楽を聴くと、「昔この曲聴いていた」と涙を流して喜ぶことがあります。以前、発語が上手くできず普段の会話も困難だった方が、好きな歌手の曲を流したときに、スラスラと歌ってくださったことがあるんです。それ以来、デイサービスの時間を自分から楽しもうとする姿勢に変わり、頻繁に通ってくださるようになりました。音楽は心や脳に特別な刺激を与えてくれる存在なのでしょうね。
施設の運営にとって音楽のメリットとはなんでしょうか?
当社のサービスのモットーは、「心からの笑顔」を利用者の方に提供することです。今後、機会があれば施設のみならず本社内でもBGMを流していきたいとも考えています。そうすることで、会社の雰囲気もさらによくなり、笑顔を提供しやすい環境をつくることができる。運営・経営という視点においても音楽は大切な要素になるのではないでしょうか。
スターデジオ光 始めよう、スターデジオ光
  • スターデジオ
  • 第一興商